文芸創作を行う学生のつどいです。文学フリマに出展します。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
6/12(日) 第十二回文学フリマに当サークルも出店します 作品紹介
こんばんは、ともさだです。

来る6月12日、第十二回文学フリマで販売する同人誌は、

 『WASESOU』

の1冊です。今号からtwitterアカウントと同名になりました。

 定価は【100円】  ブースは【J-10】 です。


3年生2人・2年生3人の短編小説に加え、
入会したばかりの1年生(有望株!)が短歌を寄稿してくれました。
( 〆切2日前に「文フリあるんだけど書かない?」って。ひどい先輩だ)

以下、作者からコメントや作品紹介が届いております。
(到着順。色・注などはともさだ)


【1年S君「『ひみつきち』のつくりかた」】

 僕はキラキラしたものに強い憧れを感じています。キラキラしたものを、みたり感じると、とても幸せな気持ちになるのです。現実世界でキラキラしたものは文字にしないでも、輝きを放っています。しかしキラキラ輝くか輝いていないかの境目にいる風景や物事がたくさんあります。そこで僕は文字によってそれらを、キラキラさせたいと思いました。今回はそれを目標としてつくりました。僕の作品を読んでいただいた皆様の世界で、今まで輝いてなかったものが、少しでもキラキラ光りはじめたとしたら、とてもとても嬉しいです。まだ未熟ですが、よかったら読んでみて下さい。

 【北野周平(PN)「オオカミと赤ずきん」】

 『むかしむかしあるところに、元気な女の子がいました。いつも赤いずきんをかぶっていたので、まわりからは赤ずきんちゃんとよばれていました。』こういった始まり方の物語は、進む方法は違えど似たような結末をむかえます。そこで何となく、「狼が悪者でない物語でも面白いんじゃないかな」と考え、書きました。
 拙い作品ではありますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
 どうぞ、よろしくお願いします。


【青山キサ(PN)「雪人形」】

 カメラの視点を意識して書きました。文体に少しこだわっています。([注]ほんとは少しじゃない)おとぎ話をイメージして、不思議な雰囲気を漂わせることに努めました。意匠はありがちかもしれませんが、表現は中々面白みがあるのではないかと思っています。読者の方々に世界を切り取る新しい目を提供することが芸術の仕事です。皆で脱構築しようではないか!


【藤野塔哉(PN)「カイガラムシ」】

 とある都市伝説の構造をモチーフに、自分の経験を絡めて創作しました。前半部は私小説的な内容になってしまい、反省点も多いのですが、語りの勢いを活かして書けた気がします。題材をどう切り取るか、どんな形の窓を開くのかという点で、今後の課題が見えました。「wasesou」は良く言えば個性豊か、文芸誌としての色がなく、それぞれが書きたいように書ける場([注]ナイスフォロー!)ですので、これからも様々な手法を試していきたいです。


【3年T君「梅をみる」】

 大阪郊外で単身赴任の日々を過ごす父と、2月下旬父の家にたった2日だけ滞在する「僕」のぜんぜん交流してない交流記。《街をみて、梅をみて、父をみる》という「みてるだけ」小説でありながら、2人が訪れる大阪城公園を筆頭に阪神タイガースや京阪電車という「いまさら」な大阪しか登場しない「観光」小説(!)。気鋭のタイ系作家ラッタウット・ラープチャルーンサップは母とのせつない観光を描ききったが、こちらは父とのぐだぐだな観光だ! と作者が息巻くのは、初の「家族もの」で不安な気持ちの裏返し。3月を書けず2月を書き、家族を書けず石碑を丸写ししたダラダラ小説です。


 【2年N君 「赤い靴」】

1ヶ月のびた春休み中、バイトに向かおうとビジネス街を歩いていたら、道路の真ん中で赤いビラが風にまかれてひらひらと舞っていました。その光景から色々と想像を広げていき、そうして出来たのがこの作品です。
どう話として広げていったのかは、是非一度『WASESOU』を手にとってご確認ください


以上の6作品で今夏の創作部会は勝負にでます(なんの?)
文学フリマ comments(2) trackbacks(0)
犬の反駁
 

以下は魯迅の散文詩を一編訳出したものである。


犬の反駁

魯迅

 私は自分が隘路の中で歩いている夢を見た。衣服も靴も切れ切れになり、まるで乞食みたいだった。

 背後で一匹の犬が吠えだした。

 私は傲慢に振り返って、怒鳴りつけた。

 「わん!黙れ!この現金な犬!」

 「ふっふっ」彼は笑いながら、言葉を続けた。「おそれいります。人間さまほどではありませんよ」

 「何だと!」私は憤慨し、これはきわめて侮辱的なことのように思えた。

 「お恥ずかしい話です。私はついに銅と銀の違いを知らなかったし、布とシルクの違いも知らなかった。官と民の違いも知らなかったし、主人と奴僕の違いも知らなかった。そしてあれも……」

 私は逃げ出した。

 「お待ちください!もっと話を……」後ろの方で、彼は大声で私を引き留めようとしていた。

 私はひたすら逃げた。夢から逃げ出し、自分が横たわっているベッドまで懸命に走り続けた。

一九二五年四月二三日

(週刊「語糸」192554日第25期)


  よー  




翻訳 comments(2) trackbacks(0)
息がつまりそう
 僕は毎日、間違っている。間違えたことに気付かないくらい、間違えが一瞬ごとに積み重なって、いつの間にか僕の存在そのものが間違いになっていたようだ。とりあえず、それでも僕は生きているのだが、それは惰性以外の何物でもないとしたら、どうだろう。人生に、惰性以外で生きるほどの価値があるだろうか? いや、惰性で生きることこそ断罪されるべきなのだろうか? 要するに僕は惰性で何千何万の命を虐げて存在している。そのことに罪悪感を感じながら、相変わらずの惰性暮らし。それが罪でなく何であろうか。僕はこの思いをどうすればいいのだろうか。言葉みたいな嘘のかたまりにはどうしようもできない感情を、とりあえず惰性で綴ることしかできない僕に何ができるか。それを考えることに一生を費やすことはいいことだろうか? それともとりあえず叫んだほうがいいのだろうか?
 ギターをアンプにぶち込んで狂ったようにかき鳴らすことは、とてもいいことだ。言葉よりよっぽどあてになる。だけれども僕は結局、言葉の上手い口車に乗ってしまった。そして、言葉に苦しめられて言葉に救われている。ギターの弦から弾きだされた太陽が空に昇って、街のスピーカーから言葉があふれ出てくる。その中を僕の脳みそがたばこをふかしながらひとり歩き。ビルに後光が射し、神様が店頭に並ぶ。「お買い得! 70%オフ!」そして僕はばらばらに空に溶ける。
 僕は、泣きながら歩く。泣かずにいられる人間の気持ちが分からない。本当は下らないこと全部放り出して猫になって、寝ていたい。でもそれは叶わないから、僕は泣きながら歩く。僕が気が狂っても僕は気付かないだろう。もう狂っているかもしれないのだから。実際、気が狂っていなければ、人間として生きていくことなんて、かなわない。
 僕は雑踏の中で毒づく。西から東へ拡がってゆく光を見て、涙がこぼれないなんて頭がおかしいに違いない。本当の自由はどこにあるのだろう。あの光になるにはどうすればいいんだい? 「見つけたよ、何を? 永遠を。それは海、そして太陽。」そんな言葉を吐いて、とっととランボーみたいにずらかるのがいいのだろうか? しかしどこに逃げる? 僕たちには逃げ場所なんてないんだ。この世に生まれたこと。存在してしまったこと。無を考えることは恐れるくせに、存在については何一つ恐怖を覚えない君たち。スポンジの切り抜きが水を吸っていくように、毎日、命をむさぼる。自分が何をしているかまるで分かっていない。頭にあるのは権利、権利、権利…。誰か僕を見つけてくれないかな。 (キサ
- comments(0) trackbacks(0)
劇場版名探偵コナンについてのいくつかの覚え書き
 
この前映画を観た後にすぐノートにメモったんだけど、ちょうど今日時間あったから、パソコンに入力した。


◎コナンが取るべき新しいキャッチ・フレーズ→「見た目は子供、頭脳は大人、身体能力はスーパーマン!」

 どんどんアクションシーンの演出に凝るようになって、そのスケールも凄まじいほど大きなものになっている。最新作のこれについて言うならば、地 下鉄、ダムの爆破など。そしてそれらのシーンの迫力を保証している、あるいは可能にしているCG技術をたくさん取り入れている。そのためか、ストーリー自 体のボリュームは前作より幾分薄いものになった印象を受ける。

 ストーリーのサスペンス感よりもアクションのような直感的身体的な興奮を求めるようになるのは全体的な傾向=スポーツ的な興奮
→緻密な推理による知的な快楽よりも、直感的なスペクタクル映画への転換。

◎工藤新一のアイデンティティを維持するのは何か。
 あるいはこう問うべきかもしれない。すなわち、コナンというかつての自分とはまったく違う外見、違う年齢、違う社会身分になってしまうことによるアイデンティティの崩壊はなぜ起こっていないのか。どのようにして工藤新一はそれを維持しているのか。

・博士の技術的援助により、部分的に工藤新一としての要素を取り戻している。蝶ネクタイ型変声機など。

・強迫観念としての事件解決欲
 
正義を貫くというより、コナンの病的とさえ言える推理ぐせは工藤新一という人格に接触を保てるための手段である。頭脳は変わっていないことを証明すること。

 しかしながら、コナンが数々の大事件を超人のように(頭脳的にも身体的にも)解決してきたにも関わらず、決してかつての工藤新一のように脚光を浴びることはない。事件解決後のコナンの手柄に対する周りからの呆れるほどの無関心。それはなぜか。
→コナンというアイデンティティの魅力はもし工藤新一のそれよりも大きなものになってしまったら、工藤という物語の帰結たるべき場所のその重要性、それに対する期待が薄れて、物語の目的性の欠如をもたらしてしまうからだ。

◎とはいえ、コナンは果たして完結するのだろうか。

 完結しない可能性は大。というのは、名探偵コナンという物語システム自体はエピソード型のオープンシステムであるから、無限に続くことが原理上 可能である上に、名探偵コナンの産業はあまりにも巨大になりすぎていて、アニメの利権、関連グッズの利権、映画の利権、海外でアニメや漫画を提供する会社 の利権などなど、あまりにもたくさんの人を巻き込んだ一大事業体になってしまっている。もはや漫画の作者自身が完結させようとすればできる状態にはないのだ。


よー
創作 comments(2) trackbacks(0)
(4月27日)2Nくんの詩と短編

427

いまだに春休み中の早稲田で部室に集まり、創作部会・合評会を開催。

2Nくんと、3Nくん(創作部会チーフ)の作品を読めるということだったのだが、3Nくんが抜き差しならない事情で急遽休むことに。2Nくんの短編「赤い靴」、詩「日曜の午後」をみんなで読みました。3nとか2nとか、数学みたいだ)

集まった部会員は2Aさん、2Hくん、3T(筆者)。創作部会員だけでなく、3Hくん(幹事長!)、2Mくん、2Iくんと揃い踏み。


2Nくんの「赤い靴」は読点を一回も使わない意欲的な作品。

でも「読みにくい」「どうしてそうしたの」「読点を使わない文は読点使わないなりの言葉の使い方があるものだが、これはふつうの文章で読点を省いただけ」とかいろいろ言われてましたねー。

でも、雑踏の中踊る少女とそれを眺める「私」という構図が明快で、2Nくんの描きたいものはしっかり伝わっておりました。


読点使わず一段落が長いあたりからみんなこぞって「舞城みたいだ」「『春琴抄』読みなされ」「横光の「機械」もあるよね」「福永信っていう人がいてね、『星座から見た地球』って作品が最近出たんだけど」と、心優しい2Nくんにどんどんオススメしていく会に。その他、文体だけでなく内容・モチーフの点から「吉田修一の『パレード』とね通じるものがあるよ」「太宰の『猿ヶ島』もあるね」「戸梶圭太『牛乳アンタッチャブル』!」「中原昌也みたいに持ってくこともできるんだよ」などと、こんなに他の作家・作品を思い浮かべるのも珍しいですね。果たして2Nくんは全部読んでくれるのか。(ちなみに今思いついたが、ペーター・ハントケ『私たちがたがいになにも知らなかったとき』っていう無言劇もどうだろう。これは薄いよ。読みにくいが)

2Nくんはミヒャエル・エンデ『モモ』森博嗣を念頭に置いたみたいですね。


一方「日曜の午後」はというと、午後のイメージと「黄金の樹液」「琥珀」のイメージをからめた快作。

それでも「要らない言葉を削れ!」「〈ぼくら〉って要らない」「イメージが詩のなかで展開してないんだ」「一人暮らしの身からは共感できない」などなど色々言われてましたー。いろいろ文句言ってましたが、自分が中高生のときに書いたような詩と比べるとね、もうほんと詩だよね、2Nくん、詩書いてるよ。小池昌代読んでね。『コルカタ』はスルーして、『ババ、バサラ、サラバ』に行こうね。(また薦める)

創作 comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/7 | >>